広告郵便には圧着ハガキの活用がおすすめ

広告郵便を作成する時、情報量を何よりも大切にしたいと考える人もいるでしょう。そのためには、チラシやパンフレットを作成し封書で送付することが有効と考える人は少なくありません。確かに、チラシやパンフレットであれば多くの情報を詰め込むことができますが、封書の場合は中身が宣伝だと分かると開封すらして貰えない可能性があります。そんな状態を回避したい、詳細に目を通して貰いたいという場合は、封書よりも圧着ハガキの利用がおすすめです。
封書の開封は面倒と感じる人であっても、めくるだけで良い圧着ハガキであれば開いて中身を見て貰える可能性が高くなります。開いて貰うことができれば、内側の広告や宣伝にも興味を持って貰える可能性が生まれます。更に、圧着ハガキは多くの情報量をハガキと変わらない料金で送付することができるというメリットもあります。
そのため、広告郵便を送付したい時には圧着ハガキの活用を考えておいて損がありません。そんなメリットの多い圧着ハガキを利用した広告郵便作成は業者に依頼をすることがおすすめです。業者に依頼をすれば、ただ多くの情報量を詰め込むだけではなく、思わず開きたくなるような広告郵便を作成して貰うことができます。

業者なら大型サイズの広告郵便にも対応している

広告郵便を送付したい時には、圧着ハガキの利用がおすすめです。圧着ハガキの魅力は、通常のハガキサイズは勿論、A4やA5、B5などの大きなサイズも選べることです。
サイズが大きくなれば、そこに詰め込むことができる情報量も増えることになります。更に、ハガキサイズにキャンペーン情報などを印刷する場合は、写真やフォントサイズを小さくする必要がありますが、大きなサイズのハガキであればまるでチラシのような紙面を作ることができます。勿論、紙面が大きくなった分、より多くの情報量を詰め込むことも可能です。そして、大きなサイズの広告郵便は受取手にインパクトを与えたい場合にも最適です。そのため、効果的な広告郵便を送付したい時には、サイズの大きな圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。
そんな圧着ハガキ作成は業者に依頼をすることがおすすめです。業者であれば、通常サイズの圧着ハガキは勿論、A4サイズやB5サイズのようにインパクト抜群の広告郵便も手軽に作成することができます。更に、手にした人が思わずめくってみたくなる仕掛けを作って貰うことも可能です。そのため、広告郵便作成は業者に依頼をすることを考えておくと良いでしょう。

めくりやすい広告郵便を作ってくれる専門業者

めくると重要な情報が確認できる圧着ハガキは、広告郵便に便利です。1枚で数枚分の情報を詰められるため、広告郵便費用の節約にもつながります。その圧着ハガキの作成は業者に依頼した方が良いです。今回は、何故圧着ハガキ作成は業者依頼がおすすめかを紹介します。
圧着ハガキには、片面だけめくれるV字折りと、両面がめくれるZ字折り、めくった面がさらにめくれるようになっている折り返しハガキ向きのC字折りの3種類があります。さらに貼り付け方にも種類があり、低費用でくっつき力の強い先糊方式、内容を自由に選べる後糊方式、立体感のある質感が特徴のフィルム圧着、光沢があり費用も安いUVニス方式があります。
圧着ハガキの専門業者の依頼の場合、折り方も貼り付け方も自由に選択できます。特別秘密な情報を扱う場合はくっつく力の強い先糊、宣伝には後糊方式と選べるのです。色々な状況に対応できるのが専門業者の長所の1つです。
さらに、コーナーカットされていてめくりやすくなっている圧着ハガキを見かけますが、このコーナーカットを施してくれる業者も存在します。さらに色々な型取りもしてくれる業者、さらには初めて使う方のために1000部を格安の値段で賜ってくれるお試し印刷も対応してくれる業者もいます。初めて広告郵便で圧着ハガキを使う方でも、是非専門業者に依頼しましょう。


ユニオンの広告郵便ならお手頃な価格で作成することができます。
また、スピーディーに対応していただけるので短期納品が可能となっています。

Topics